投資を始めたばかりのあなたに贈る7つのアドバイス

1、環境を十分に整える

投資を始めたばかりのあなたに贈る7つのアドバイス自分の精神面を鍛えるには、まずは外的環境から整えることが大事です。

投資とは、リスクをつきまとうものです。本来人間はリスクから遠ざかる方向への本能をみな持っています。つまり相場というリスキーな環境に身を置くためには並の精神力で耐えることは不可能です。

この精神力という内的環境を強化するためには、まずは外的な働きかけをクロスオーバーさせることで、自分という存在感や考え方、物の観方を変化させていくことが大切です。

そのためにもまずはトレードルームの設置など簡単なところから始め、徐々に実家の仕送りや、妻の給料に依存しない、自分を究極的に追い込める状況を作りだしていってください。

また、副業を始めると必ず出てくるのが周囲の反感です。しかし、起業しだせばこれはつきものです。「安定した給料があるからあなたを選んだのよ」と妻に言われるかもしれません。でもはっきり言ってこんなものは無視した方がいいでうs。結果が出れば、自ずと周囲の目は「あの人は先見の明があったんだな」と変わっていくからです。同じ目的を有する投資仲間を探すのもいいかもしれません。

2、資金はなるべく潤沢に用意する

働きながら、お金を貯めて、どんどん自己投資していきましょう
投資資金の重要性

高いレバレッジをかけてトレードすると必然的に”ストレス”を抱えます。新米トレーダーが持つストレスの大半は資金不足によるもので、少なすぎる資金で欲張り過ぎるのが自分のトレードルールを継続できない最大の要因となっているのです。

しかしやはり投資資金を集めるというのも容易ではありません。個人個人の理由はさておき、専業トレーダーは実際、確定申告などで明らかな結果を出すまで社会的に信用力のない立場にいるからです。

確実な方法として、口座開設のキャッシュバックなどを利用してまずは30万くらい資金を用意してください。

3、トレード記録をつける

かつて、アインシュタインは「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という」と語りました。

FXで仮にトレードノートをつけないのであれば、負けの原因を次に生かさないことになり、何度も同じ過ちを繰り返す可能性があります。それはまさしく狂気と言えるでしょう。

トレードノートには私は、日付や取引の流れ、利益、損失額、感情、失敗要因をすべて記述しています。それを後から定期的に過去トレードを見直していくことで、そのノートが非常に重要な気づきを与えてくれるのです。

こうやって自分の負けの原因を考え、次へのフィードバックを行っていかなければなりません。
後からトレード記録をつけることの重要性に気づく人が多いですが、これはもう最初からやっておいた方がいいと思います。

ついでに年間の収支や月利計算に便利な損益管理シートもつけておきましょう。
FXの損益管理シートをDLページ

4、利益にこだわり過ぎない

ビギナーズラックで最初はなぜか勝てることがあります。
しかし、それは幻想で、少し慣れてくると瞬く間に稼げなくなることがあります。

最初のうちは、目先の利益で一喜一憂せず、とにかく教材や(セミナーなど)勉強代にプールしていきましょう。
初心者の1年間は、相場のアノマリーなどを知る意味でも学習の年として理解します。

勝てなくて当たり前なのです。

5、勝てなくなったら基本に戻る

一目均衡表やストキャスティクスなど、インジケーターは多々ありますが値動きの基本はローソク足の値動きと周期性です。

しっかり、サポートとレジスタンスを見極め、ブレイクアウトを狙います。補助的にフィボナッチ(黄金比)を使うのがいいかもしれません。38.2%、50%、61.8%など、キリのいい数字での跳ね返りと、N字計算によるターゲット予測ができれば申し分なしです。

あとはリスク管理さえ徹底できれば、徐々に資産が積み上がっていきます。

6、MT4を使う

MT4はデフォルトで20種類以上の多種多様なテクニカル指標(インディケーター)が用意されており、自分の好みに合わせたカスタマイズ性もあります。

またチャート上にダウやナスダック、金、石油など為替相場にも影響を与える株・先物市場などのチャートを同時に表示することができます。

FXは為替に限局した変動ではなく、ダウや資源価格とも連動することが多いため、これらも同時に観測することは非常に大切です。
MT4インストールの方法

7、パソコンに張り付きすぎず、気楽に楽しむ

下積み時代を楽しみましょう。

多くの方は、一日中パソコンに張り付いたりし、FXでかなり体力を消耗してしまっていることが多いです。
そうなると必然的にイライラが蓄積し、余計勝てなくなるといった悪循環に陥ってしまいます。

私は朝の2時間程度で指値と逆指値を設定して、あとは適当に映画とかみて過ごしてます。笑
長時間チャートを見ていたら勝てるというわけでもないので、気軽に楽しんでFXしましょう。

※1 ストラテジーのエントリーポイントに関してはフィボナッチなどにより算出した理論値です。ウェーブカウントの表記に関してはこちらを参考にしてください。

Sponsored link