トレードに必要なメンタル力を鍛えるための4つのステップ

トレードに必要なメンタル力を鍛えるための4つのステップトレードは他のビジネスと比べても、かなり精神的な強靭さを必要とする職業かと思います。負けたときのショックも勝ったときの喜びは計り知れないものがあります。

すべての市況において稼ぎ出せる能力を持てるプロトレーダーになるためには、個人の心理的な強みと弱みを理解し、コントロールしていく必要があります。

この記事では、強力なトレード心理学トップレベルのプロトレーダーになれる自信をつくるための4ステップについてご説明します。

Step1 – 強力な基盤を構築する

あなたが取引するために選択したインジケーターや時間枠に関わらず、その市場でトレードするために必要な知識をしっかりと理解する必要があります。これには、環境認識を含めた市場の基礎、テクニカル分析、リスク管理、実行から出口などのすべてが含まれます。

まずは、リスク管理の練習から始めましょう。市場が自分の憶測と誤った方向に進んだ場合は、すぐさま離脱(損切り)できるかが鍵となります。トレードで失敗する人の多くが、損切りのタイミングを逃し、そのまま依然として取引を継続してしまいます。トレードにおける損切りは、失敗ではなく、学習の機会と捉えましょう。

多くの人は取引ツールやインジケーターの使い方から学び始めるかと思いますが、(もちろんこれも成功に不可欠ですが)、全体の一部に過ぎません。

Step2 – トレード計画を定める

基本をしっかり理解したら、あなたの性格やリスク許容度に合ったトレード計画を作成する必要があります。テクニカル戦略やポジションサイズも含め、トレード計画に加算すべき事項は以下の3つです:

①勝率の期待値で、正の予測値が出ているか?
②デモトレードにおける実績と経験に基づいて、高確率の勝ちシチュエーションはどこか?
③エントリーのシグナルは明確なシグナルは何か??また、利益ターゲットを決定するにはどうすればよいか?

期待値で、最初から赤字になっているのなら、明らかな目標値の設定ミスですよね。
後は、自分自身の勝ちのシチュエーションを毎回メモしておき、最も高率に勝てるところを探っていきましょう。

トレーダーにはライブ市場のスタートラインに立つ前に「ロードマップ」が必要です。これを事前に書き留める時間を十分に取ることで、相場に対する自信を深めるとともに、一貫した利益を生み出せることになります。

自分のトレード計画に確かな実績が上がるようになってくれば、自信が蓄積されます。たとえうまくいかなくても、自分の計画通りに取引できていること、これを崩さないことが大事です。このときトレード計画は少額において、実績が出るかを検証します。同じシチュエーションでの勝利確率を上げることができれば、あとはポジションサイズを大きくしても同様の結果が出ることになり、100万、1000万と利益が積み上がっていきます。

Step3 – 自分に合ったトレードスキルを習得する

トレーディングはパフォーマンス活動であり、プロのアスリートと同様、デイトレーダーは一連の行動セットを反復していく必要があります。それが適切に実行されれば、相場で非常に安定した利益を得ることができるようになります。プロのゴルファーが飛距離を伸ばすように、我々はスキルを発達させ、継続的に時間をかけて改善していく必要があります。

したがってパフォーマンスの落ちるようなことは基本的に決してしてはいけません。ストレスを溜め込むことも良くないでしょう。

またゴルファーが日々、フォームの微調整や力の加減を学習するように、トレーダーとしての練習において、その中でいくつか学ぶべきスキルがあります。

①確率に基づいて半歩先の事象を予測できる
②ためらいなく、エントリーを忠実に実行する
③値動きによっても、スタイルを変えず、取引を管理できる

これらのスキルを習得できれば、実際のトレードを開始する際の両価性の心理を回避することも可能です。

自分のトレード計画に基づき、決めた行動セットを毎回守ることが大事です。寝る前に歯を磨くように、同じトレードを繰り返します。

また、トレードの際はあまり金銭面を意識しないことも大事です。勝つか失っているかではなく、パフォーマンスに注目することが大事です。仮に、あなたがトレード計画をもたず、規律のないトレードで稼いでいたとしても、それは逆に悪い習慣を癖付けているということでもあり、その後も安定して勝てるとは断定することはできません。

Step4 – レビュー、変更、実行

実際のお金やシミュレーション取引に関係なく、あなたが取ったすべての行動セットを毎回確認していくことが大事です。マーケットにおいて取ったあなたの行動の全てに理由付けを行うことが大事です。

先程のStep2で準備したトレード計画を使用して結果を記録すれば、データを見直して改善の余地があるかどうかを確認することができます。必要に応じて、リスク管理体制の調整や取引セットアップ基準に修正をかけます。もし現状に満足していても、もっといい方法はないかと考えていくのも大事なことです。仮に現在の結果に満足出来なくても、決して落胆せず、改善していけば正しい方向を見つけることが必ず出来ます。

最後に、計画を再評価して現在の結果に基づいて調整を行ったら、再度トレード計画を実行します。もちろん、うまく行かなければ再び計画のレビューに戻ります。

これらの4つのステップによって、あなたは強靭なメンタルを手に入れる事ができ、トレーディングにおいて必要な自信を得ることが出来るでしょう。基礎知識、ロードマップ、トレードスキル、そしてレビューと修正で得られたイロハはあなたの人生を激変させるような、とてつもないトレード成績を生み出すはずです。

Sponsored link