USD/JPY(ドル/円)FXエリオット波動分析 2017/02/04 updated

usdjpy20170204week3

2011年戦後最安値の75.50より上昇トレンド。2014年高値121.75で5波構造を完成し、最初推進波((A))を終了。調整((B))波のトップ、2015年5月125.84につけ拡大型フラット様パターンを形成し、2016年6月98.96で3-3-5を完成し調整波((B))を終了した。

2016年6月98.96から最初推進波((A))に対するセカンド推進波を再開し、トレンドラインのブレイクにより推進波を強化し、目先120円台を目指す。

4時間足

usdjpy20170204h4

短期スパンで見ると、2016年8月安値99.53より上昇推進波を形成。2016年12/15高値118.65で、(W)波を終了した。足元の値動き、上昇トレンドの(X)波に位置し、目先2016年11月101.18から同年12月高値118.65までの上昇幅の50%または61.8%までの戻りを有力視。

目先、107円台後半から109円台までサポートゾーンに位置し、下落後反発し、ブルトレンドに復帰する公算。


※1 ストラテジーのエントリーポイントに関してはフィボナッチなどにより算出した理論値です。ウェーブカウントの表記に関してはこちらを参考にしてください。

Sponsored link