フィボナッチエキスパンションの使い方

Last updated on02/13 ,2017 by Eric
6361313685649954381526851184_Instagram-for-money

1、フィボナッチエキスパンションは、潜在的なレベルのサポートとレジスタンスをプロットするものです。
2、それは、主要な価格動向の動きとそのプルバックを追跡することによって作成されます。
3、トレーダーは、フィボナッチエキスパンションを使用して、複数の利益目標を設定することができます。

いつ相場から抜け出すか」を決めることの重要性は、FXをやったことのある人であれば誰もが一度は痛感したことがあるのではないでしょうか。トレードを成功させるには良いエントリーをすることはもちろんですが、利益を最大化するために、リワード:リスク比を大きくしながら取引を終える必要があります。この記事では、あなたがフィボナッチエキスパンションを使用して、利益を最大限に伸ばすことができるようにするためのロジックをお話しいていきます。

フィボナッチエキスパンションとは?

類似のフィボナッチ指標としては、フィボナッチリトレースメントがあります。

フィボナッチエキスパンションとは、価格の主要な動向とそのプルバックを追跡することによって作成されたターゲット観測指標です。サポートとレジスタンスは、通常のライン引きでは顕在化したものしか可視化できませんが、フィボナッチエキスパンションではさらに潜在的なレベルの目安が描画されます。これにより、取引の際に利益目標を決めることができるようになるのです。

上昇傾向の通貨ペアでは、通常価格が一時的にトレンドに逆行する時期があります。これをダウ理論では、セカンダリートレンドと呼んでいます。いわゆる、プルバック、押し目、リトレースメント、スピード調整などと呼びます。このカウンターの動きが収まると、主要トレンドの方向に戻って価格が回復し、しばしば新しい高値を取っていきます。フィボナッチエキスパンションが使用できるのはその瞬間です。

よく知られているフィボナッチリトレースメントは、価格が元々どのくらい戻ってくるかを判断するのに使われますが、フィボナッチエキスパンションは、リトレースメントが枯渇した後にどこで価格が頭打ちになるかを判断するのに役立ちます。以下のGBP/USD4時間足チャートは、リトレースメントに続く主要な動きを示しています。

retracement3

まずは、フィボナッチリトレースメントで戻りを確認し、トレンドの開始点と終了点と、戻りの3点をとってフィボナッチエキスパンションを引きます。100%、161.8%、178.2%と表示されるかと思います。

screenshot 2017-02-10 23.35.13

基本的にチェックするのはこの3点で大丈夫ですが、トレンドに懐疑的な投資家は61.8%も見ていきます。

100%、161.8%、178.2%のラインをそれぞれ、Target1、Target2、Target3と設定し、打診で取ったポジションを細かく利益確定していくと見るといいでしょう。Target1がジグザグのN字計算と一致するライン、さらに延長された目標値がtarget2、Target3とみなされます。多くの場合で、Target2が達成されます。

トレンドが強い場合は、下記のように178.2%よりさらに延長されていくケースも多々ありますが、とりあえず無難にTarget3を狙っていくのがいいと思います。

expansion5

このように、Target1、Target2、Target3と複数のターゲットにより、取引をスケールアウトすることは効果的なリスクマネジメントの一つです。プロは、少しづつポジションを増やしていきながら、ポジションが成熟するにつれて複数のターゲットで利益を確保していきます。ポートフォリオを多様化することで、トータルリターンを円滑にしてより安全な運用を目指していくことが大事です。