FX用語集

エリオット波動 ラルフ・ネルソン・エリオットが考案し、ダウ理論が基礎となった株価指数が推進5波動、調整3波動で動く周期的な波のこと。
フラクタル 複雑に細分化した図形が集まることで全体としてまた同じ構造で形成された図形のこと。
推進波 一回り大きなトレンドの方向性を決定させる相場を進行させる同方向の波のこと。
衝撃波 トレンドの主方向と一致する強い値動き。プライマリートレンドと常に同じ方向で走る。衝撃波にはいくつか成立するルールがある。
エクステンション 第1波、第2波、第3波いずれか1つの波が副次的な5波を伴って延長すること。
ジグザグ 単純ジグザグはブルトレンドにおいて、A-B-Cとラベルされた3つの波の下降波であり、それは5-3-5の子波構造をとる。
フラット 単純フラットはブルトレンドにおいて、A-B-Cとラベルされた3つの波の下降波であり、それは3-3-5の子波構造をとる。拡大型やランニングのパターンが存在する。
トライアングル 第1波、第2波、第3波いずれか1つの波が副次的な5波を伴って延長すること。
オーバーラップ 第4波が第1波と価格帯を共有すること。衝撃波では起きないが、例外としてダイアゴナルトライアグルでは起きる。
オーバーシュート 相場の行き過ぎた変動のこと。
ポジション 決済して利益や損失が確定する前の外貨の持ち高(残高)のこと。
スクエア ポジションを閉じ、持たないこと。
ボラティリティ 価格変動の度合いを示す。つまり「ボラティリティが大きい」とは価格変動の度合いが大きいことを示す。
プライマリートレンド 相場の方向性を形作る1年以上の主要なトレンドのこと。セカンダリートレンドやマイナートレンドにも影響を与える。
セカンダリートレンド 3週間から3ヶ月続き、プライマリートレンドと逆行した動きの中間トレンドのこと
セカンダリートレンド セカンダリートレンドよりもさらに小さな3週間以内のトレンドのこと。