衝撃波とダイアゴナルトライアングル

推進波の目的は「相場を動かす」ことである。推進波は以下の、衝撃波とダイアゴナルトライアングルに大別されている。

衝撃波

最も一般的な推進波が「衝撃波」である。衝撃波においては、「第4波は第1波の終値より下がることはない」という絶対的ルールがある。

もしこのようなことが起こったと考えた場合は、それは自分のカウントの仕方が間違えているか、もしくはダイアゴナルトライアングルの場合である。ただしFXや先物市場など高いレバレッジをかける相場では例外的に起こりうるとの説もある(ちなみに筆者は一度も見たことがない)。

ダイアゴナルトライアングル

ウェッジ(くさび)型の形をした波でトレンドの序盤(第1波やA波)に現れるリーディングダイアゴナルと終盤(第5波やC波)に現れるエンディングダイアゴナルがある。

エンディングダイアゴナルトライアングル

第5波やC波など相場のトレンド終了時に現れる波形の典型である。
エンディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動
エンディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動
エンディングダイアゴナルのルール

  1. 第5波、C波で価格が行き過ぎたときに生じる
  2. 第3波が他の2波に比べて短くなる例が存在する
  3. 第4波は第1波の終値より下がることがありうる
  4. 3−3−3−3−3の変動リズムをとる

(参考) 拡大型エンディングダイアゴナル

拡大型を示す例も存在する。原則は通常のエンディングダイアゴナルとほぼ同じである。
拡大型エンディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動

リーディングダイアゴナルトライアングル

第1波やA波で見られる順方向性の波である。エンディングトライアングルと異なるのはそれがトレンドの継続を示唆するところである。また変動リズムにも若干の相違がある。
リーディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動
リーディングダイアゴナルのルール

  1. 第1波やジグザグのA波で生じる楔形のウェッジ構造
  2. 第3波が最も短くなることもありうる
  3. 第4波は第1波の終値より下がることがありうる
  4. 5−3−5−3−5という変動リズムをとる
  5. トレンドの継続を示唆する

(参考)拡大型リーディングダイアゴナル

エンディングダイアゴナルの場合と同様に一部拡大型を示す例が存在する。
拡大型リーディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動

上の目次は、相場で上昇するために最低限知っておくべき基礎知識だ。すべて必ずインプットし、実際の相場でアウトプットしながら体にしみこませるのが相場で常勝する秘訣である。

次の記事:衝撃波とダイアゴナルトライアングルを読む!