衝撃波とダイアゴナルトライアングル

推進波の目的は「相場を進行させる」ことですが、トレンド方向に向かう推進波は以下の、衝撃波とダイアゴナルトライアングルに大別されます。

衝撃波

最も一般的な推進波が「衝撃波」である。衝撃波において、
「第4波が、第1波の価格帯を重複しない」というルールがある。

つまり第4波の安値は第1波のトップより下には来ないということである。もしそのようなことがあれば原則ウェーブカウントの見直しを行う。
ただしFXや先物市場など高いレバレッジをかける相場ではこれがしばしば起こりうると言われている。

ダイアゴナルトライアングル

ウェッジ(くさび)型の形をした波でトレンドの序盤(第1波やA波)に現れるもの(リーディングダイアゴナル)と終盤(第5波やC波)に現れるものがある。

エンディングダイアゴナルトライアングル

第5波やC波など相場のトレンド終了時に現れる波形の典型である。
エンディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動
エンディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動

  • 第5波、C波で価格が行き過ぎたときに生じる楔形のウェッジ構造。
  • 第3波が最も短くなることがある。
  • 第4波が第1波の価格帯に割り込むことがある。
  • 3−3−3−3−3の変動リズムをとる。
  • (参考) 拡大型エンディングダイアゴナル

    拡大型エンディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動

    リーディングダイアゴナルトライアングル

    基本的に第5波で出てくるものがたまに第1波やA波で見られるものと思っていただいていい。ただし変動リズムに違いがあるので注意。
    リーディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動

  • 第1波やジグザグのA波で生じる楔形のウェッジ構造
  • この波に関しては第3波が最も短くなることもありうる。
  • 第4波が第1波の価格帯に割り込むことがる。
  • 5−3−5−3−5という変動リズムをとる。
  • トレンドの継続を示唆する。
  • (参考)拡大型リーディングダイアゴナル

    拡大型リーディングダイアゴナルトライアングル|エリオット波動