ダウ理論とは

daw-theory
テクニカル分析の起源をたどると、必然的にたどり着くのがダウ理論です。それが確立されてから100年以上経ちますが、ダウ理論は、我々の技術的な分析として今日知っているものの多くの基礎を築いています。

ダウ理論は、チャールズH.ダウにより、1900年から彼が亡くなる1902年まで、ウォール・ストリート・ジャーナルの一連の社説の中で明らかにされました。この社説の中でダウは株式市場を動かすトレンドやシリーズ形成のパターンについて述べています。

しかし彼の死により、彼自身のオリジナルの完全な理論は公開されていませんが、多くの信者と仲間が社説からダウ理論を発展させています。ダウ理論に貢献した文献としてはウィリアムP.ハミルトンの「The Stock Market Barometer」(1922年)、ロバート・レアの「The Dow Theory」(1932)、E.ジョージ・シェーファーの「How I Helped More Than 10,000 Investors To Profit In Stocks」(1960)とリチャード・ラッセルの「The Dow Theory Today」(1961)などが有名です。

ダウは、経済全体のビジネス環境をすべて内包する尺度であるのが株式市場であると信じていました。つまり株式市場を分析することにより、正確に主要な市場動向全体の方向性を予想することができるのです。

ダウは最初に彼の理論をダウ・ジョーンズ工業指数とダウ・ジョーンズ鉄道インデックスに適用しました。ダウがこれらのインデックスを作ったのは、それらが工業と交通という二つの主要な経済のセグメントをカバーしており、経済におけるビジネス環境を正確に反映していると分かったからです。これらのインデックスは、過去100年間で変化していますが、理論はまだ現在の市場のインデックスに適用されています。

我々が今日知っている多くのテクニカル分析のルーツはすべてダウの偉業に基づいています。この理由から、テクニカル分析を使用して、すべてのトレーダーは、ダウ理論の6つの基本教義を知ってもらう必要があるのです。